晩秋の風景と列車、木次線編

中国地方もここの所急に寒くなってきて、毎朝の冷え込みで少しづつ冬の訪れを感じる季節になってきました。

中国山地の山間部の紅葉も先週・今週あたりでそろそろラストでしょうか。ただこのあたりの線路際の紅葉は東北など北の地方に比べて全般的に「茶色」なので、なかなか見映えのする場所を探すのに苦労しました。

そんな中、木次線沿線で撮影した紅葉と列車の写真が出来上がりましたので何枚かUPしておきます。

まずは去年の秋に「おろち号」の写真をUPした鉄橋で、今年はキハ120の普通列車を狙ってみました。
画像

木次線 油木~備後落合
Nikon FA / Ai-S Nikkor 105mm f/2.5 F2.5 1/500
FUJI RXP

いつの間にか、キハ120までもがタラコ色になってました。

翌日も木次線沿線へ出かけました。小雨模様でしたが、まずは「奥出雲おろち号」を。
画像

木次線 八川~出雲坂根
Nikon FA / Ai-S Nikkor 105mm f/2.5 F2.5 1/250
FUJI RXP

続いてキハ120の普通列車を、
画像

木次線 三井野原~油木
Nikon FA / Ai-S Nikkor 105mm f/2.5 F2.5 1/60
FUJI RXP

天気が悪いのでシャッター速度がどんどんと遅くなっていってしまいましたが、列車の速度も非常に遅いので何とかなったようです(笑。

このところ日が暮れるのもかなり早くなって来ました。元々列車本数が非常に少ないところに出掛けることが多いので、この時期は1日の撮影枚数がかなり少なくなってしまいます。

週末の連休は乗り鉄に出かける予定ですので、戻ったらまた報告がてらUPします。
では、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック